楽しいお墓【和歌山県高野山】奥の院-戦国武将たちの墓-

calendar

スポンサーリンク

戦国無双・お墓版

ロケット型やヤクルト型の変わった形の墓石がある高野山奥の院裏参道から一転し、年季の入った苔むしたお墓が立ち並ぶ表参道。
高野山奥の院 表参道

歴史的有名人や戦国武将のお墓や供養塔が立ち並んでいます。

つい今しがた墓地の石碑に落書きしたばかりの私は墓石にカメラを向けることへの抵抗がなくなっていたので、ここから一気に写真の量が増えます。

①時はまさに戦国時代(圧縮版)
②写真で見る戦国武将たちのお墓

時はまさに戦国時代(圧縮版)

高野山奥の院には名だたる武将たちのお墓が集結しています。

お墓と言っても実際に墓石の真下に本人がいるようなお墓ではなく、分骨された遺骨や爪、髪の毛などを埋葬した供養塔である場合が多いそうですが、弘法大師の元で眠れば極楽へ行けるという信仰と、高野山の『死後は敵味方もなく誰もが平等』という怨親平等の精神により、戦国大名のおよそ6割以上が高野山にお墓を構えているそうです。

戦国武将ファンなら心霊現象がファンミーティングに早変わり。

問題なのは、教科書でもお馴染みの肖像画でもゲームに登場するような現代風のイケメンでもなく本来のありのままの姿で登場されて誰が誰だか判断できるか?ということですね。

写真で見る戦国武将たちのお墓

武将たちのお墓の位置が記載された地図や誰のお墓であるか書かれた案内板も存在しますが、奥の院は右も左もお墓だらけなうえに敷地がとにかく広いので他の場所に目を奪われている間に通り過ぎてしまうこともあるかもしれません。

特に好きな武将がいる場合はあらかじめどんなお墓なのか写真を見てから行くと見つけやすいと思います。

結城秀康

高野山 結城秀康墓碑

裏参道から入る場合、一番初めに目にする武将のお墓です。

瓦・壁、内部の柱や扉まで石造りで、木材はほとんど使われていないそうです。
2004年に世界遺産に登録されています。


豊臣秀吉

高野山 豊臣秀吉墓碑

参道から延びる階段を上がった先に母と弟夫婦と共に祀られています。
広い敷地に対してかなり控えめなサイズでぶれずに庶民派という印象です。


織田信長

高野山 織田信長墓所

参道から少し横道に入りますが、戦国武将のお墓の中では弘法大師御廟に一番近い場所にあります。

隣には、本能寺の変のあとに羽柴秀吉に討たれる明智光秀を見て見ぬ振りしたと噂される筒井順慶のお墓。
どうぞ好きなだけ光秀の悪口で盛り上がってくださいと言わんばかりです。


明智光秀

高野山 明智光秀 五輪塔

明智光秀の五輪塔はよく見ると球体の部分が割れています。
これには織田信長の念で何度直しても割れてしまうという噂があります。

もし信長が全くの無関係だったら言いがかりもいいところ。


石田三成

高野山 石田三成 五輪塔

石田三成本人が生前に用意したとされていますが、明智光秀のすぐ近くにあるのが意味深です。
『この位置関係、後世のやつら勘ぐるんだろうなぁ』っていう悪戯心という可能性も捨てきれません。


伊達政宗

高野山 伊達政宗 五輪塔

参道沿いにある巨大な五輪塔は、誰のものと知らずとも目を引くので見つけやすいと思います。
塔の周囲に並んでいるのは伊達政宗の後を追った20人の家臣たちの供養塔だそうです。


武田信玄・勝頼

高野山 武田信玄 供養塔

戦国武将のベストオブ兜武田信玄のお墓も参道沿いにあります。

向かって左が信玄、右が勝頼の供養塔だそうです。
ガイドには戦国武将らしく簡素な墓石は、豪華を誇る上杉家の霊廟に比べ、却って人の心に迫るものがある。と書かれていて、この人も信玄派なのではとつい深読みしてしまう。


上杉謙信・景勝

高野山 上杉謙信 廟墓

少しわかりにくい場所にあり、すぐには見つけられず一度通り過ぎました。

武田信玄の供養塔と向かい合うように建っていると聞いていたので勝手に真向いだと思い込んでいたんですが、参道を挟んで向かい側の坂道を上がった場所にあります。

信玄のガイドに書かれるのも納得する程、大きくて鮮やかです。


徳川吉宗

高野山 徳川吉宗

八代将軍吉宗公之墓と表示され葵の紋が描かれた石碑も置いてありますが、中央の墓標には大川家と書かれています。
どれが吉宗のお墓なのかはわかりませんでした。


高野山奥の院に伝わる言い伝え3選はこちらから。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す