圧倒的、金運っ…!御金神社のご利益に世間がザワついてる【京都市中京区】

calendar

スポンサーリンク

鳥居も境内も御朱印も。金まみれのスーパー金運神社

①目印は金。とにかく金
②銭洗いに学ぶお金の仕組み
③日本で唯一!金の神様がいる神社
④金運のお守りと福財布
⑤御金神社の御朱印

目印は金。とにかく金

京都市中京区の御金(みかね)神社は、名前が表す通り金運にステータスを全振りした金運特化のご利益で話題の神社です。

カネ、ホシイ、タクサン

三語で伝わる参拝理由。
というわけで、前置きは抜きにしてさっそく境内の様子などをご紹介していきます。

まず、いきなり鳥居が金ピカ。

こんなにド派手な金ピカな鳥居で京都景観条例に引っかからないんでしょうか。

二条城から歩いてすぐの距離とはいえ、御金神社周辺は特に観光スポットではなくマンションやビルが立ち並ぶ閑静な住宅街です。
神々しいだけで景観を損ねてはいないからOKなんですかね?

平成19年の新京都市景観条例前の駆け込みで建てはったんかな(引用元:京都、お不動産な日々 – 住宅と京都と時々コゴトっていうのが一番有力な気がするけど、誰か答えを知っている人がいたら教えてください。

銭洗いに学ぶお金の仕組み

御金神社の手水舎にはお金を清める銭洗い用のザルが置いてあります。

お清めといっても複雑な手順はなく、ザルに入れたお金(硬貨)に柄杓で水を3杯かけるだけ。
お札や宝くじを洗いたい場合は端に水を少しかける程度で良いそうです。

銭洗いで清めたお金を使うと数倍になって戻ってくると言われていて、特に洗ってすぐ使うほどご利益の効果は高いのだとか。

銭洗いをしてすぐにお金が使えるタイミングといえばお賽銭ですよね。
御金神社ではお守りやおみくじの種類も豊富なので、境内から一歩も出ずに清めたお金を使いきることも難しくありません。

参拝者はご利益を期待してホクホクできるし神社にもお金が廻ってみんながハッピー。

どうですかこの神懸かったマーケティング戦略。
お金が巡るとはどういうことか、身をもって経験させてくれるんだから金運上昇の説得力がすごい。

日本で唯一!金の神様がいる神社

御金神社の御祭神は金山毘古神(かねやまひこのかみ)という鉱山・鉱物を司る日本唯一の神様で、もともとは農耕具や刀鍛冶など金属の神様として信仰されていました。

それがいつしか鉱山=黄金=お金の連想になり強力な金運の神様として広まっていきました。
ご利益にあやかりたい参拝者が全国から訪れ、えげつない量の絵馬が奉納されています。

一目で見渡せるほどの広さしかない境内にこれと同じくらいの絵馬の塊が3つありました。

内容はとにかく金金金!ですが、商売繁盛や宝くじ当選祈願からアフィリエイトやFXまで祈願のジャンルは様々。

きっと昔はご利益を与えるのも「よし、金脈を掘り当てさせてやろう」みたいにシンプルだったと思うんですよ。
それが今では「仮想通貨…?」「ロスカット…?」とかなっちゃうんだから神様も大変ですね。

絵馬は御神木のイチョウをモチーフにした形です。
ちなみにおみくじ大吉でした。自慢。

秋には御神木のイチョウが黄金色に色づき、黄金色の鳥居・黄金色のイチョウ・黄金色の落ち葉で境内一帯が金一色に染まるそうです。

三輪さんの待ち受け画像みたいな景色だと考えるとすごく見てみたいですよね。
御金神社の紅葉は12月の初旬頃から中旬頃までと少し遅めのようです。

金運のお守りと福財布

例えば出雲神社なら縁結び、北野天満宮なら合格祈願といったように、特定のご利益が有名な神社でもお守りのラインナップには交通安全や厄除けなど満遍なく揃っていますが、御金神社の場合は金運一択。

圧倒的、金運っ・・・!!ザワザワザワ

授与所には神職さんも巫女さんもおらず、料金を納める木箱が置いてあるだけの無人販売所スタイル。
驚くことに授与所は常にこの状態で、24時間いつでもお守りやおみくじを授かる事ができます。

御金神社の授与品の中で特にご利益があると話題なのが福財布です。

普段使いの財布にするのではなく、宝くじや通帳の保管場所にすると宝くじがあたった・お金が増えたといったご利益にあやかれるのだとか。

1つ1000円というリーズナブルな価格で上手くいけば億万長者になれるという、どこまでも財布に優しい財布です。

芸人さんがテレビで紹介した事で更に人気となり品切れになっていることも多いみたいです。
福財布は授与所には並べられておらず社務所での受付なので、社務所が開いている10時から18時までしか授与できません。

金運アップでジャンジャンバリバリ~!
宝くじ当たったら何買おうかな~と浮かれた参拝者を諭すかのように、補強して使い込まれた社務所の襖。

もう本当にさ、あなた達さっきから金運金運って言ってるけど結局はこういうことの積み重ねが大事なわけよ。わかった?

ということで、私はちゃんと物を大切にするので安心して宝くじでも何でも当てて下さい。

御金神社の御朱印

御金神社の御朱印は社務所で書置きの物が頂けます。(300円)
御朱印まで金色。

福財布と同様に、御朱印も社務所が開いている10時から18時までの授与です。

御金神社 アクセス

〒604-0042
京都府京都市中京区西洞院通御池上ル押西洞院町614

京都市営地下鉄東西線
「二条城前駅」徒歩約4分
京都市営バス
「堀川御池」 徒歩約5分

TEL
075-222-2062

参拝料:無料
参拝時間:なし(社務所は10時~18時)
専用駐車場:なし(付近にコインパーキングあり)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す